冷蔵庫は霜取りと水抜きが重要!電源はいつ落とすのが良いの?

syuuriyasan

 

引越し作業の時には、冷蔵庫の電源を抜くように引越し業者から指示されます。

 

それは冷蔵庫の中についている霜を完全に取り去るためです。

 

引越し作業中に霜が溶けてくると床や他の荷物を水浸しにしてしまうので、それを防ぐために行います。

 

 

霜が完全に溶けきるまでは、おおよそ15時間必要になりますので、引越し業者が自宅に来る時間から逆算してそれに間に合うように電源を抜くようにしましょう。

 

 

霜が解ける時間が十分でないと翌日の引越し作業に影響が出てしまいます。

引越しの時は冷蔵庫の電源を入れない状態で冷蔵庫を新居まで運びますので、中身の処分も合わせて行います

 

また、新居に到着してから、冷蔵庫の電源を入れるタイミングについては、

 

 

すぐに電源を入れても大丈夫、一時間以上置いてから、24時間以上置いてからなどさまざまな意見があります。

 

時間を置いてから電源を入れた方がいいのは、冷蔵庫の内部のコンプレッサーに負担をかけないためです。

電源はすぐに入れても冷蔵庫はただちに稼働しますが、引越しの運搬でコンプレッサーや冷蔵庫にも大きな負担がかかっています。

稼働時に必要なオイルが配管をたどり、別の場所に移動している場合があります。

 

 

そのような状態ですぐにコンプレッサーを作動してしまうと、冷蔵庫の寿命を縮めることにつながってしまうのです。

 

 

そのためオイルが落ち着くまで最低でも1時間は開けてから電源を入れるようにすると、冷蔵庫にかかる負担を減らせます。

 

また冷蔵庫を個人で運んだ時に、横にして冷蔵庫を運んでしまった場合コンプレッサーにかなりの負担がかかっていますので、

 

最低でも半日以上たってから電源を入れましょう。

 

 

その他の関連情報はこちらのサイトを参考にして下さい。

冷蔵庫の引越し

(冷蔵庫を安く運べる業者の見つけ方や運賃の相場、また注意する点など事細かに掲載してあります。)